手軽にむだ毛対策!脱毛クリームで即ツルツル肌に

様々なむだ毛対策の仕方がある中、特に簡単便利なのが脱毛クリーム。塗って洗い流すだけという手軽なアイテムで、むだ毛対策もあっという間に完了させることができます。ただ、脱毛クリームは良いことばかりなわけでもありません。

マイナス点も存在し、利用に際して注意も必要。どのようなメリットやデメリットがあるのかチェックしてみましょう。

滑らかな仕上がりになる

手軽さのあるむだ毛対策と言えば、カミソリや電気シェーバーもそこに該当します。確かに簡単な使用で肌もキレイにできるのですが、ただ、ちくちくとした仕上がりになるのがプチストレスなこともありますよね。腕や脚などは特に毛質が丈夫ゆえに顕著に感じやすいです。

一方の脱毛クリームはそうした不快感が起こりにくいのが魅力。そもそもなぜ、カミソリなどを使用するとちくちくとしてしまうのか、理由は鋭利な断面になってしまうからです。そぎ落とした断面は丸さがなく、角のある尖った状態になっているため、肌が触れることで刺激を感じてしまうのです。

かたや脱毛クリームの場合、断面が丸く処理されます。そのため鋭利な断面になるカミソリなどと比較をすると、肌が触れ合っても刺激を感じにくい状態となるのです。しかも剃るよりも深いところまでむだ毛を処理できますので、むだ毛のお手入れをしてからすぐにちくちくを感じるようなこともありません。

ただ、完全に刺激がなくなるというわけでもないです。ある程度、むだ毛が伸び毛穴から飛び出てくると、多少は刺激を感じることもあります。短いむだ毛は太さもあって丈夫ですので、処理の仕方によってはちくちくを感じるのは宿命とも言えるでしょう。

手の届かない場所のお手入れも可能

脱毛クリームはお手入れのできる範囲が広いのもメリットでしょう。カミソリなども便利ではあるものの、手の届かないところの場合はどうしようもありません。誰か周りに手助けをしてくれる人でもいれば良いのですが、そうではないと困ってしまうこともあるはずです。

その点、脱毛クリームならセルフケアの幅が広がります。例えば背中の毛をお手入れしたいという場合でも、長めのスポンジやスパチュラなどを使用することで、自力で対策していくことができます。それまで諦めていた部分のお手入れができるために全身、隙のない肌を手に入れることができますよ。

ツルツルを維持しやすい

むだ毛を剃ったものの、またすぐに生えてきてしまう、このような悩みを抱えたことがある人も多いでしょう。それも無理はありません。カミソリなどでは毛穴の外に出ている分しか処理することはできず、翌日にはすでに伸びているということも珍しくないです。

毎日のようにお手入れが必要となるため、手間も時間が掛かり、さらには肌への負担も心配しなければいけません。脱毛クリームの場合はそのような煩わしさを感じにくいです。体質による部分もあるものの、一度お手入れを行ってから一週間ほどは効果が続くことがあります。

頻繁なお手入れをせずに済むために簡単であり、肌への負担も小さく留めることができるのです。

安価に購入できる物が多い

脱毛クリームはローコストで使えるのも魅力ですよね。安い物ならば数百円程度で入手することができますし、それで何度か繰り返し使用することが可能です。誰でも気軽にトライでき、学生からも人気があります。入手自体もしやすいアイテムですので、例えば旅先などでむだ毛のお手入れを忘れてしまったなどの際にも、ドラッグストアやスーパーなどで容易に買うこともできますよ。

脱毛ができるわけではない

メリットの一方でデメリットもありますが、ひとつは脱毛にはならないことが挙げられます。脱毛と銘打っていますので、それらしい効果があるのかと思いきや、残念ながらそんなことはありません。効果を分かりやすく示すために、便宜上、脱毛という言葉が使われていますが、プロの脱毛のように根っこからむだ毛がなくなるわけではないのです。

そもそも脱毛のためには毛根部分からなくす必要がありますが、脱毛クリームはそこまで奥深くに届くことはありません。深いところまで浸透をするのはむしろ肌にとって危険であり、迂闊に使用することもできないでしょう。

文字通りの脱毛をするためには、専門の施術を受けるほかなく、効果に過剰な期待は禁物と言えます。

肌への負担になる恐れがある

カミソリや電気シェーバーのように、毎日のようにお手入れをする必要がありませんので、肌への負担を減らせるのが脱毛クリームの魅力です。しかしながら脱毛クリームは、肌へのダメージがゼロというわけではないため注意も必要でしょう。

脱毛クリームはどうしてむだ毛の処理ができるのかと言えば、体毛に存在するタンパク質を溶かしてしまうからですが、それだけ強力な効果を持っている薬剤が使用されているということです。もちろん肌への負担を考慮した開発が行われていますので、一定の安全性は確保されているものの、だからといって負担がゼロというわけでもありません。

使用に際してピリピリとした刺激を受けたり、人によっては肌荒れを起こしたりすることもあります。やたらに使用をすると、どのみち肌質を悪化させてしまう恐れもあるため、気を付けながら使用をする姿勢も必要です。特に乾燥肌や敏感肌の人は刺激にデリケートゆえ、パッチテストを欠かさず行うといった心掛けが大切と言えるでしょう。

顔に使用することができない

顔の産毛やひげ対策などに脱毛クリームを使おうと考える人もいるかもしれませんが、基本的には顔に使用することはできませんので注意しましょう。毛を溶かすための強めな薬剤が配合されているということもあり、デリケートな部位でもある顔に使用するのは危険です。

また、うっかり目に入るなどすると、思いも寄らないトラブルを招いてしまうことも考えられます。もしも顔のお手入れをしたい場合は、抑毛ローションなるアイテムを使用した方が良いかもしれませんね。これも脱毛クリームのように、肌に付けて使用するという点では共通しているのですが、作用の仕方がまるで違っています。

毛の成長を抑制するための成分が含まれており、ジワジワと生えにくくするというものです。即効性はなく、効果も緩やかなために時間も掛かるのですが、顔に使用できるほどの安全性があります。脱毛クリームとの使い分けで活用をしていけば、上手にむだ毛対策を行っていけるのではないでしょうか。

関連「1番得する脱毛入門 | 相場より安い料金で最高にキレイな全身脱毛するぞ!」http://1datsumo.com